<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明日の、早朝テキサスに発つので、
今日は2時半までに仕事を終わらせる予定だった。

お昼時間に、レンジでお弁当を温め、
さあ食べようとした時に、主人から電話がかかってきた。

「うちの空調設備室のパイプが壊れて、水が漏れているという連絡が今、
コンドの事務所からあったから、お昼時間に様子を見に行ってくれないか」という。

驚いて、温めた弁当をランチバッグに収め、直ぐうちに向かった。
8分後、コンドミニアムの地下3階のパーキング場に車を駐車して、
3階に上がろうとしたら、緊急事態のサイレンがなっているではないか。

まさか、パイプ崩壊、水漏れ、サイレン、避難???

急いで階段を駆け上がって、自分の階までいった。
水浸しにはなってなかったので、一安心。

空調設備室のドアが大きく開けられていて、中を見たら少し水が床に見えた。
長い廊下の絨毯も濡れていた。
f0303797_08253379.jpg
廊下には、扇風機と除湿気が置かれてあった。
f0303797_08264536.jpg
余り大した事態にならなくてホッとした。

1階の事務所に行き、マネージャーに事の経過を訪ねたら、
下の階に住んでいる女性から、ピッピッという音が聞こえるとの通報があり、
コンドのエンジニアの男性達が音の出る場所を調べたら
私たちの玄関の隣にある空調設備室の中の水漏れ探知機だったと言う。

「午後は、ずっとうちにいるから、
エンジニアのジョーンさんにに伝えておいて」
と言い残し、自分の部屋に戻った。

後から、エンジニアのジョーンさんが来てくれて、
詳しくパイプを指差し説明してくれた。
水はパイプを接続している部分から出てきたらしい。
すでに、パイプは直されており、水はもっていなかった。

2ヶ月ぐらい前に、新しい冷暖房を調節する
空調設備機械を新調したばかりなので、
業者の手違いで、パイプを強く締め過ぎて
ひびが出来たのではないかと説明してくれた。

水漏れセンサーが起動して、その音で大事にはいたらなかったと言った。
「ジョーンさん、本当に助かった。ありがとう」と、
このコンドで長年勤務している、
みんなから頼りにされているジョーンさんに、何度もお礼を言った。
彼は、ついでにエアコンのフィルターまで取り変えてくれた。

「あ〜〜、このコンドに移り住んで良かった。」
私が歳をとって未亡人になって、困った時にも、事務所の人や
エンジニアの方たちや、お掃除をしてくれる人達がいるので、
安心出来ると思った。

追記;サイレンは警報探知機のテストでした。




[PR]
職場のボーリング大会があった。
マネージメント&ファイナンス部の55人中、40人ぐらい参加した。

ボーリングなんて最後にやったのはいつだったのだろう?
娘が小学校の時だったから、もう20年ぐらい前だと思う。
余り乗り気ではなかったけど、参加する事に意義ありと、
前の日に爪も切っておいた。

4、5人のグループは、くじ引きで組まれた。

193cmもある、クロスカントリーをする
大学生のインターンのM君を2位に抑えて、なんとこの私が。。。

驚くなかれ、5人のグループの中では、私が最高点をとった。
2ゲームのスコアーの合計で285点。
「You have hidden skills」
「君には隠れた才能があるんだね」と驚く人が寄ってきた。

最近の若い人って、ボーリングってあまりしないんですよね。
グループの中には、ボーリング一度もした事がないっていう人もいた。
だから、私が最高点なんですよ。

私たちが行ったのは、Ft. Myer というオフィスから2マイル程ののベースの中。
f0303797_07560317.jpg
写真はFt. Myer ボーリング場サイトからお借りしたもの
こんな感じでした。楽しかった。また行きた〜〜い。

これを機会に、主人とボーリングでも始めようかな〜と、
いい気になった午後でした。

今週の木曜日にテキサスに行くので、
週末は、冷蔵庫にあるものを、片っ端から料理した。
f0303797_08453816.jpg
ゴボウ、大根、人参、椎茸の煮物。
玄米、キヌア、シャケ、ひじきの炊き込み御飯。
イカとネギの味噌和え。
サラダ。

[PR]
by miekofrench | 2015-07-28 09:00 | 仕事、勉強
私がアメリカの市民権をとったのは14年前で、
ちょうど、今の自治体で公務員として働き始めた年でもあり、
アメリカ人の主人と結婚してから、19年の年月が過ぎていた。

アメリカの市民権を習得するという事は、
日本の国籍を放棄するという事なので、
やはり、決断を下すまでに、心の準備と
決断を下した幾つかの理由があった。

一番の理由は、主人との結婚生活がうまくいっていて、
離婚して日本に帰るという事はないだろうと思ったから。

その頃、アメリカの国家公務員として仕事がしたくて、
市民権がないと、採用されなかった。

経済的に自立していた私は、自分の収入だけで生活出来る自信があった。
ちなみに、私の主人は常に私の収入の2倍は稼いでいた "Bread Earner"' でした。

アメリカに住んでいる私の姉が、随分前に市民権をとっていた。

来年は、還暦を迎える私だが、
もう人生の3/4が終わってしまったんだろうか?
私は、アメリカで骨を埋める事になるだろう。
f0303797_19124965.jpg







[PR]
by miekofrench | 2015-07-23 19:21 | 自分の事
今年の夏の旅行は、
キャンピングカー
アメリカ大陸横断の旅になる(私は半分だけ参加)。

土曜日に1週間ぶりに
カナダのモントレオールから
帰って来た主人は、
2日だけうちで過ごし
月曜日の朝、孫のマヤを連れて、
4週間間のアメリカ大陸横断の旅に出発した。

主人は毎日フェイスブックに写真をアップする様にと
娘から頼まれている。
f0303797_18364180.jpg
初日の朝食はマヤお気に入りの 「Cracker Barrel」で

今日は、私の姉の2女家族4人と姉が住む
テネシー州に到着しており、そこで1泊している。
f0303797_19314594.jpg
f0303797_18362278.jpg
14ヶ月ぶりに会う姉の孫達と過ごす夜

今回の旅行は最終目的地である
グランドキャニオンに行くまでに
私の姉家族、主人の3人の兄や妹、
姪や甥、いとこなどの親戚訪問(9家族)と
歴史遺跡や国立公園の訪問が、
綿密にに計画された旅になる。
計画は勿論主人ですね〜。

私の夏休みは10日間だけなので、
長い運転は主人に任せ、
来週、テキサスのダラス空港で
主人と落ち合うことになっている。

下の地図でいうと、
A=私たちの住むバージニア
B=テキサス州ののダラス(ダラス空港で主人と落ち合う)
C=グランドキャニオン

帰りも、コロラドのデンバー空港
(地図ではCから右斜め上に位置する)で降ろしてもらい、
私だけ飛行機で先にバージニアに帰ってくる。
主人と孫のマヤは、その後1週間後に帰ってくる予定になっている。
f0303797_10251979.jpg


[PR]
by miekofrench | 2015-07-21 19:14 | 旅の思い出
夕食後、ベランダでお茶を飲んでいたら
音楽が聞こえてきた。
夏の野外コンサートが始まったんだ。
ちょっと見に行こうと、スニーカーを履いて
近くのプラザまで歩いて行った。
このプラザは冬にはアイススケート場になり
街では憩いの広場になっている。
木曜日の7時半だというのに
音楽につられてこんなに人が集まっていた。
f0303797_16362021.jpg
私もしばらく、立ち止まって聞いていた。
f0303797_16391079.jpg

後でネットで調べてみると、
野外フリーコンサートは今日が初日で
毎週木曜日に行われ、8月20日まで続く。

あ〜、こういう夏のコンサート、雰囲気が好きです。


[PR]
「カナダからの便り」って歌、昔ありましたよね。
「便り」なんていう言葉は懐かしくて情緒があって響きがいいけど、
最近は、スカイプ、ライン、ファイスブックで連絡取り合う私達です。

カナダのモントリオールに行っている主人から、写真が届いた。
f0303797_18202915.jpg
モントリオール市内観光の様子

f0303797_18205262.jpg
フランス語を話す人が多いカナダのケベック地方
朝食のオムレツにチェダーチーズじゃなくてアメリカンチーズを注文したら
「アメリカンチーズって何ですか?」と聞かれたという。
アメリカンチーズって、アメリカにしかないんだよね。
f0303797_18210892.jpg
マヤは毎日、ホッケーのデイキャンプに行っている。
f0303797_19013731.jpg
カナダのプロのホッケー選手も
入れ替わり練習に参加してくれるという。
マヤはプロのPetry選手と組みになり、
カメラマンにビデオを取られて
嬉しくて、ニヤニヤが止まらなかったらしい。
f0303797_19021639.jpg
仕事人の娘はテレワークをしながら、観光も楽しんでいるようです。

主人と娘は朝食後、マヤをホテルからホッケーのスケート場まで送り
主人は、3マイルほどジョギングしてホテルに帰って、1日が始まるという。

マヤは、ホッケーでカロリーをすごく消費するので、食欲旺盛。
昨日は、日本のレストランへ行って、お寿司を食べたという。
おばーちゃんの食文化、確実に家族に伝わっていますね。
f0303797_18304182.jpg
このレストランは代々日本人のオーナーだということ
マヤはまた背が伸びた。
f0303797_19123832.jpg
娘はうなぎも食べるようになったんだ〜
マヤは餃子、マグロの刺身などを注文したという。
主人もお寿司は大好き。
f0303797_18310627.jpg
凄い量のチャイニーズも半分ぐらい食べたという。
1日中スポーツした後は、これぐらい食べるんですよね〜
f0303797_19190140.jpg
これは’Poutine'というこの地方でポピュラーな食べ物。
あげたポテトの上にブラウンソースと’カナダチーズ’と肉がのっている
いつもは、生のピーマンや野菜やサラダをポリポリ食べているマヤも
翌日のハードな練習の為に、炭水化物とプロテインでエネルギーを蓄えている。

カナダからの便りでした。

追記 ー「カナダからの便り」という歌でではなくて
「カナダからの手紙」という歌でした。


[PR]
今日、ベランダで電気グリルを使って
鯛の丸焼きを作った。
f0303797_08542836.jpg
魚料理はコンドミニアムでは
部屋とか廊下にに匂いがたちこもるので
ベランダで眠っている電気グリルを使うことにした。

このグリルは3年前に娘が父の日にプレゼントしたものだが、
主人は(正確に言うと私が)4回ぐらい使っただけで、
今年はまだ一度も出番が無かった。
f0303797_08580323.jpg
後片付けが楽なように
ホイル焼きにした。
これだと焼き終わった後、
グリルに魚の匂いがつかないし
クリーニングも拭くだけでいい。
f0303797_09062006.jpg
味付けはあっさりと塩だけで。
ホイルにくっつかないようにオリーブオイルを両面にまぶした。
f0303797_08584616.jpg
温度を200度(摂氏)に設定し30分蓋をして焼いた。
ホイル焼きだと焦げ目がつかないので
焼きあがった後、フライパンで焼き色をつけた。
簡単で美味しく手早く出来るから、またリピートしたい料理の一つ。

主人と娘はマヤのホッケーの夏季キャンプの付き添いで、
昨日の早朝、カナダのモントレオールに出発して1週間留守。
カナダから帰ってきたら、マヤと主人はすぐ4週間の(私は10日だけ)
キャンピングカーでの大陸横断が始まるので
冷蔵庫の中を空にしないといけない。買い物は少なめにした。
f0303797_10352253.jpg


[PR]
by miekofrench | 2015-07-13 10:18 | おうち料理
木曜日(7月9日)は孫のマヤの10歳の誕生日だった。
「おばーちゃん、マヤの誕生日に猫の形のケーキ焼いてくれる?」と、
リクエストがあったので、今年はうちでマヤの誕生日を祝うことになった。
おばーちゃんが全部やってあげたから、一番喜んだのは娘かな?
f0303797_20271081.jpg
f0303797_21243468.jpg
この猫のケーキは、娘の1歳の誕生日に焼いてあげたケーキで
マヤは、その時の写真をずっと前に見て覚えていた。
f0303797_20580844.jpg
娘の1歳の誕生祝い、ココナッツをまぶした猫ケーキ

私は木曜日の早朝、仕事に行く前に、
前の晩に焼いてあった丸型ケーキ2つを切って
チョコレート、バター、パウダー・シュガーを混ぜた
クリームでケーキをデコレーションした。。
f0303797_20290409.jpg
こういう時に助かるのは、スロークッカー。
仕事に行っている間、9時間ほどスロークッカーで牛肉を煮込んでおくと
うちに帰って来る頃には、メインデッシュが出来上がっているという段取りになる。
(主人は、今週はマヤのホッケーのキャンプの付き添いで、
忙しくして昼はうちにいない)

まずはこの大きな2キロ近くもある牛肉の塊を
f0303797_20294483.jpg
肉の旨みが長時間煮込んでいる間に逃げないように
フライパンで焼いておく。
f0303797_20302077.jpg
焼いた肉と玉ねぎ、人参、バター、シーズニング、赤ワインを入れ、
低温度で9時間ほど蓋をして煮込む。
仕事に行く前にスイッチをオンにして仕事に出かける。
f0303797_20305671.jpg
この日はお肉の様子を見るために
お昼はうちに帰ってランチを食べた。
職場が近いと、助かるわ〜〜。

娘達家族は6時半頃うちに集合。
家族団欒、ポット・ローストとワインで乾杯。
f0303797_20313635.jpg
その後に、猫を食べて(爆笑)過ごした夜でした。
f0303797_20321192.jpg
頭と胴体が残ったケーキに
マヤが付け足した首輪とリボン

追記。。。ちなみにこのケーキ製造には主人も参加したんですよ。猫のヒゲになっている茶色の細いキャンディーや目に使っている緑のガムドロップ・キャンディー(緑の目にこだわったのは、昔飼っていた猫の目が緑色だったので)を買ってきてもらった。最初に買ってきたのは、赤とか青とか黄色の細いキャンディー。私が、「この色、ちょっと違うんじゃない?」と、言わなくても良かったことを漏らしてしまったので、主人は翌日、違うキャンディー専門店に行って、茶色を沢山(本当に沢山!3メートルぐらい)買ってきた。誰も食べなかった猫のヒゲだけで10ドルぐらい使ったと思う。。。その上、茶色のヒゲ用の細いキャンディーはくるくる巻かれてあって、まっすぐ伸ばすのに、ラップに包み、重い本で抑えてもらった。それも主人にやってもらった(笑)。残ったキャンディーは全部マヤに持って行ってもらった。



[PR]
今年で結婚33年目に入る私達夫婦が、
結婚して最初に買ったのはノリタケの
洋食器ボーンチャイナ・セットと
それを収めるチャイナ・キャビネットだった。
f0303797_18533501.jpg
f0303797_18542537.jpg
12人用のチャイナはクリスマスとか感謝祭
家族皆んなが集まる時に使っている。
結婚してから主人の転勤で15回も引越ししたけど
全部で93ピースもあるセットが、1つも壊れず、
買った時の状態がほぼそのまま保たれている。
f0303797_18550867.jpg
f0303797_20390814.jpg
もう一つのチャイナは8人用の桃山のチャイナで
結婚前からあるもので (34年くらい)
ノリタケのチャイナより頻繁に使っているのだが
割れることなく、まだ全セットが揃っている。
f0303797_19070377.jpg
私達夫婦が年を重ねるごとに
家族と共に年を重ねていくのだろう。

今日はマヤの10歳の誕生日で、
今年は、うちで誕生日を祝うことになり
夕食の食卓に並べられるチャイナです。

[PR]
by miekofrench | 2015-07-09 19:22 | 住まい
昨日、クルーズで知り合った夫婦をうちに招待した。
クルーズでは、毎晩同じテーブルで食事をしたり
観光やオペラも一緒に行ったカップルです。
f0303797_09411250.jpg
2人とも人をつつみこむような
穏やかで、朗らかな性格のカップル

メリーランド州(隣の州)に住んでいるリタイヤーしたカップルは
うちの近所で道に迷ったものの、車で1時間半もかからなかったよと言っていた。

人の出会いって不思議なものですね。
ドナウ川クルーズでふとした事からテーブルを共にした夫婦が

今日は私たちのうちの食卓を囲み、
あの時の様に食事をしながら話をしている。

家族の話や彼らのカナダやシチリア島への旅行の計画、
庭の野菜や趣味のレーシングカーの話、
私達のキャンピングカーやこの夏の旅行の話
よもやま話は尽きない。。。。

テーブルに座って話をしていると、あの頃がつい昨日の事のように思えた。。。
時間が逆戻りしたような気がした。
f0303797_21171064.jpg
ドイツで一緒に過ごした時の写真

私は、バーベキュー・リブを3時間ほどオーブンで焼き
奥さんがデザートのシュークリームと
シチリアの甘いお菓子カノリを持って来てくれた。
(時間が経つのがアッという間で、写真を撮り忘れた)

今度はメリーランドの彼らの家で食事をしようということになった。
イタリア系アメリカ人のカップルはイタリアンを料理してくれるという。



[PR]