<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

感謝祭の翌日から、2週間ちょっとの休暇に入った。

一晩過ごしたリッチモンドのペンションを後にして
フロリダのタイムシェアーまで2日がかりで運転してきた。

今回の休暇は、フロリダのオーランドで1週間
サウスカロライナのMyrtle Beachで1週間過ごす計画。

若い頃は1日で夜のフリーウェイをぶっ飛ばした私達も
f0303797_08402475.jpeg
上の写真は感謝祭の当日、DCからバージニアのリッチモンドに向かう途中の渋滞
いつもは2時間で行ける距離が3時間かかった。
f0303797_09353166.jpeg
姪の住むリッチモンドからサバンナまで6時間半、
これが家からだと休憩なしで8時間半。2時間の余裕。

最近はAuto Trainを利用したり、途中ホテルで1泊したり
あまり無理をせず、ゆったりとした旅程にしている。

バージニアからフロリダに運転していく時は
丁度真ん中のサウスカロライナ州のフローレンスに泊まるか
ジョージア州のサバンナに泊まるかにしている。
f0303797_08442885.jpeg
最近は日が暮れるのが早く5時ぐらいには日が沈むので
4時半頃にサバンナに到着するように主人は時速75マイルで飛ばしていた。
サバンナは3回目ぐらいで、いつも同じホテルに泊まっている。

ホテルから歩いてスコットランドパブで夕食。
f0303797_08495822.jpeg
長い運転の後で、私はマーガリータ、主人はStella Artoisで乾杯。
f0303797_08545481.jpeg
私のクラッブ・ケーキ(蟹バーガー)
前菜だけでお腹一杯
f0303797_08561689.jpeg
主人のフィッシュ・アンド・チップス
f0303797_08595594.jpeg
ウェイターもキルトのスカート履いてました
f0303797_09011191.jpeg
壁にはお客さんの出身地をピンで表す地図があり
やはり北アメリカとヨーロッパ出身地のお客さんが多い
私は沖縄に2個目のピンを差してきた。

[PR]
by miekofrench | 2015-11-30 09:53 | 旅の思い出
今年は感謝祭の日と
主人の65歳の誕生日が同じ日でした。

主人には誕生日のカードと
ゴルフレッスンの目録をプレゼントした。
目録の内容は1週間のゴルフレッスンと
ホテル、食事などがパッケージになったギフトセットです。

感謝祭を姉の家族と過ごした夜は
姪っ子の家から近い
Bed & Breakfast (ペンション)で過ごした。
f0303797_08454030.jpeg
ペンションのダイニングルーム
緑色の壁の絵はオーナーの息子さんが描いたもの
f0303797_09033631.jpeg
静かで落ち着いた雰囲気のペンションで
f0303797_08582992.jpeg
f0303797_09345632.jpeg
f0303797_09391166.jpeg
老婦人と62歳の娘さん2人で経営しているペンションです。
出された食事は、全て老婦人の手料理で美味しかったです。
朝食の後、私と主人はここからフロリダに向けて出発です。
f0303797_09213274.jpeg

[PR]
by miekofrench | 2015-11-29 10:21 | 主人の事
今年の感謝祭は
ワシントンDCから2時間ほど南に下った
バージニア州の州都リッチモンドに住んでいる
姉の長女宅に集まって食事をした。

2女家族と一緒にテネシー州に住んでいる姉
2女の旦那さん(私の右手前)と2人の孫を連れてやって来た。
看護婦をしている2女は仕事で来れなかったので残念。
f0303797_10311822.jpeg
グレーのセーターを着ているのが6歳年上の私の姉。
姉の孫達4人全員揃いました。

私の娘家族は相棒の両親の住んでいる
ウェスト・バージニアで感謝祭を過ごしている。

随分前から細かい計画を練ったと思われる
姉の長女家族のおもてなしに感謝です。
f0303797_20185885.jpeg
上の写真では私の右が姉の長女、
その後ろが弁護士をしている長女の旦那さん。
赤いセーターを着ているのは長女の旦那さんのお母さん。
f0303797_20310352.jpeg
メインは七面鳥とローストハム
サイド・ディッシュも盛りだくさんで全てが美味しかったです。
f0303797_07081113.jpeg
デザートには皆んなのお気に入りの姉のラム酒ケーキや
パンプキンパイ、くるみパイ
f0303797_20425508.jpeg
久しぶりに会う姉や姉の家族と
ワインを飲みながら遅くまでいい時間を過ごしました。


追記〜〜今、姪っ子が撮った写真が送られてきたので
それも載せておきます。
f0303797_06575409.jpeg
海外生活43年目の姉です。人生の2/3は海外で暮らしている。
f0303797_06532321.jpeg
f0303797_06534491.jpeg
f0303797_06540678.jpeg
姪っ子の旦那さんと彼の義父が真剣な眼差しで
七面鳥とハムを切ってます。男性が腕をふるう時です。



[PR]
オフィスで真面目で控えめな女性が
自分で決断を下せなくて
いつもの様に私の意見と承諾を求めてきた時に
「It's your call」と返事をした。
「あなた自身で決断しなさい」と言う事です。

同じ職場で15年も仕事をしていると
あの人に聞けば分かるよ、的な存在になってしまい
部下も上司も私の意見をまず求めてくる。

最近は部下達に 自分で問題を把握し、原因を突き詰め、
決断を下し、自信を持って対処しなさい、と言っている。
仕事をしていく上で大切なことです。
f0303797_10474429.jpeg

[PR]
by miekofrench | 2015-11-25 10:53 | 仕事、勉強

60歳までに
種を蒔く。

そして60歳を過ぎたら
人生の収穫期に入りなさい。
(貝原益軒)

来年は60歳になる私だが
古い教えに頷きながら
60歳を62歳に置き換え
あと2年余りで
私も人生の収穫期に入るのだ。
そろそろ、収穫期の準備をしなければ。。。
f0303797_02230548.jpeg


[PR]
by miekofrench | 2015-11-23 02:26 | 自分の事


f0303797_09271541.jpeg
一番大切な人の話を聞く
一番大切な人と時間を過ごす
f0303797_09241146.jpeg
一番大切な人と食事をする
そして、一番大切な人と笑う
f0303797_10045216.jpeg
いつも一番大切な人が喜ぶ顔が見たい
それが私の一番の幸せ。
f0303797_09320355.jpeg

[PR]
by miekofrench | 2015-11-21 10:08 | 主人の事
今晩も先週に続き
コンドのミーティングがあった。
一階のロビーにはこの様に椅子が並べられ
f0303797_09254847.jpeg
今晩は、3人の役員の立候補者(住民)の中から
3人の役員をを選ぶという至難技です(笑)。
f0303797_09461802.jpeg
今晩もワインやビール、サンドイッチなどがミーティングの前に振る舞われ、
f0303797_09315145.jpeg
主人はいつもの様にワイン・バーから
私のワインも持ってきてくれた
f0303797_09490714.jpeg
隣近所、顔なじみの憩いのひと時
楽しんで来ました。
f0303797_09511786.jpeg
感謝祭が近いのでテーブルのセッティングも秋の雰囲気
f0303797_09524732.jpeg
デザートはいつも人気がある
f0303797_09542064.jpeg
ミーティングはまだ続いていたけど、
私は明日の朝が早いので、一足お先に退陣。
部屋でワインとデザート又いただきました。






[PR]
私のオフィスでは、11月から7月の終わりまで
週1日のテレワークが許可され,
毎週月曜日に私はうちで仕事をしている。

左側のラップトップでオフィスのコンピュータをアクセスし
右のiPadで仕事のメールをチェックする。
オフィスではいつも2つのモニターを使っているので
うちでもその様にしている。
f0303797_01394738.jpeg
天気が良かったので
お昼時間に、新しいスニーカーを履いて
秋晴れの散歩に出かけた。
f0303797_03492767.jpeg
歩道に積もった落ち葉を踏みしめて
f0303797_03582016.jpeg
去り行く秋を惜しみながら
黄金色に輝く近所の散歩でした。
f0303797_03562001.jpeg

[PR]
by miekofrench | 2015-11-17 05:31 | 仕事、勉強
今晩コンドのミーティングが6時半からあった。
右隣に住む奥さんを亡くされたJさん、
ちょっと元気を取り戻した様子だった。
ピアノが上手な94歳のヘレンさんも、
左隣に住む独身のJさんも集まった。

考えてみたら右隣、左隣、角に住む一人住まいの3人の男性陣は
みんな名前が「J」で始まる。

左隣のJさんは、コンドを売る準備をしており、
今リフォームの真最中。大工さんが忙しく出入りしている。
彼の働く会社の本拠地であるイタリアに引っ越しすると言う。

奥さんを亡くされた右隣のJさんは、コンドを貸して、
娘達や孫達が住むボストン近郊に引っ越しを考えていると言う。

人の出会いと別れ。
一期一会の今をを大切に。
f0303797_09162698.jpeg

今晩は、来年度の役員立候補者3人の演説を聞き
予算のやりくり、長期プロジェクトの概要など
スライドを見ながら、説明を聞いて過ごした。

コンドのミーティングがある時は、
200世帯の住民の 参加者を促すため
集会の前にワインやサンドイッチ、デザートが振る舞われ
住民の交流の場にもなります。
食べ物とワインがあれば、
そりゃ~皆集まりますよ(笑)。。。。釣られた魚の様にね。。
「今晩は夕飯自分で作らなくて助かった」と笑うJさん達。

これらの経費もコンドの維持費から
支出されてますけどね。

[PR]
私たちのコンドの右隣の奥さん(Cさん)は
1年半ほど前から、肺癌を患っていましたが
50代の若さでひと月前に亡くなりました。

旦那さんは、Cさんが肺癌だと診断された直後に
定年退職をされ、奥さんの看病をして過ごされていました。
私達と同年代の夫婦でした。

亡くなる2週間前、廊下で車椅子に乗ったCさんと旦那さんに会った時に、

Cさん「この間、廊下でつまずいて転んだ時に
あなたのご主人に助けてもらって、
本当に助かったわ。有難う」

私「Cさん、お礼のカード受け取りましたよ。
何か私達に出来る事があったら
遠慮せずに電話でも玄関のベルでも
鳴らしてくださいね。」

Cさん「有難う」

Cさんとは、それが最後の会話になってしまいました。
「私も貴方も数年で定年退職を迎えるのよね」と話していたCさんでした。

今日は、近くのスーパーから買い物帰りの隣の旦那さんと
エレベーターで一緒になり、言葉が見つから無くて
「とても残念です。。。」と一言だけ言ったら、
彼は目頭を濡らして、うなずいただけでした。

台所でいつも料理をしていた料理上手な奥さんだったので
スーパーの買い物袋を下げた旦那さんの、
やつれた様子を見て悲しくなった。

「The Rose」by Bette Midler



[PR]