主人の断捨離

主人は定年退職後、これまで延期してきた家の中のプロジェクトを一つずつこなしている。3つプロジェクトが完了しましたが、それは後で書くことにします。 

主人の「断捨離プロジェクト」が4月1日から始まりました。いいえ、これはエイプリルフールのジョークではありません。私より物に執着する主人が断捨離始めました。 うちに帰ったら、リビングルームに倉庫部屋から取り出された物が並べられているではありませんか。
f0303797_01005922.jpg
決断を下す前に、私の意見を聞きたかったとのこと。  2年半以上も使っていない物なので、私の決断はすぐ出ました。

引越しする前の家でもあまり出番がなかった日曜大工道具とかカーペットのスチームクリーナーなど、まだ使えるものは、コンドミニアムで働く設備保守の男の人が欲しいと言うのであげました。「捨てる神あれば拾う神あり」です。使ってくれる人が見つかってよかった。

お金を出して買った物、それにまだ使えるものを捨てるのは、いつも物を大切に使っていた天国のお母さんに叱られそうで、気が引けますからね。

外は、天気が良くてコンドの前にあるサザン・マグノリアの木も 一段と大きく見えた。
f0303797_01015660.jpg
このマグノリアの木を通り抜けると、小高い丘になっており、そこからエアフォース・メモリアルとアーリントン墓地がフリーウェイの向こう側に見える。
f0303797_01021680.jpg

[PR]
by miekofrench | 2014-04-03 08:02 | 主人の事 | Comments(2)
Commented by runninggirl_usa at 2014-04-03 13:18
はじめまして♪
コメントありがとうございました。
嬉しかったですよ!
だって、同じシチュエーションみたいですね。
シカゴにお住まいのキャリアウーマンさん。
うふふ。定年まであと4年ですね。
私には定年はありませんので、もうろくするまで
働きます。笑
ところで、ご主人様は偉いです!
私も身辺の整理をしたいけど、なかなか難しい。
時間がないというより、心の問題ですね。汗
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by miekofrench at 2014-04-03 19:32
みどりさん、コメントありがとう。
もうろくするまで働く(爆発)ということは、いつまでもシャープで若さを保つと言うことですよ。
主人は退職して2ヶ月目になりますが、カウチポテトにならない様に、毎日忙しくしていているんですよ。
住まいはシカゴではなくて、ワシントンDCよりのアーリントン・バージニアです。